ご家庭に不要になった参考書や辞書などの古本はありませんか?それをご寄付いただくと、東日本大震災で被災してしまった中高生に新品の学習教材を支援する活動に役立てることができます。

本想いプロジェクトとは?

ご家庭や会社で不要になった本で、被災してしまった中高生に新品の学習教材を届けられます。

ご家庭に不要になった参考書や辞書などの古本はありませんか?
それをご寄付いただくと、東日本大震災で被災してしまった中高生に新品の学習教材を支援する活動に役立てることができます。

  1. 単行本が20冊集まったらできる事※1冊50円の場合

    新品の学習教材一冊を被災地の中高生に届けることができます。

    私たち参考書宅救便を通じて被災地の中高生を支援する場合、
    1000円は一冊の新品の学習教材購入費になります。

本想いプロジェクトの流れ

  1. 古本を寄贈
  2. 5冊から送料無料
  3. 古本の集荷・仕分け・買い取り 株式会社バリューブックス
  4. 買い取り金額の寄付
  5. 被災してしまった中高生に新品の学習教材を支援する費用へ

東日本大震災復興支援学生団体 参考書宅救便

私たち参考書宅救便は
「東日本大震災によって学習環境が悪化してしまった中高生が満足して勉強できる環境を提供する。」 ということの実現を目指しています。
震災によって同世代間に学習環境の悪化が生じてしまうのは不平等であると思いませんか?
そこで私たちは全国から使用しなくなった参考書や辞書といった学習教材をご寄付頂き、その書籍を現金化。 全額を新品の学習教材購入代に充て、中高生に支援を行います。
一人でも多くの中高生が進学の夢を叶えることが出来るように一冊でも多くの学習教材を届けます。

参考書宅救便

http://ameblo.jp/sankousho311/

お申込み方法

1

不要になった書籍を段ボールに詰めます。
申込書をプリントアウトし、ご記入の上、本と一緒に入れます。

申込書はこちら

  • ※ダンボールが複数になる場合でも、申込用紙は1 枚で大丈夫です。
  • ※古本は5 冊から、着払いで受け付けます。
  • ※18歳未満の方は、保護者の方にお願いしてお申し込みください。

以下の本は取り扱えませんので、集荷に出さないでください。

下記 ISBN のない本、百科事典、コンビニコミック、個人出版の本、
マンガ雑誌、一般雑誌は取り扱いできません。

サンプル

  • ※取り扱えない本が混入していても、費用の負担などは生じません。
2

株式会社バリューブックス0120-826-295に電話。
「本想いプロジェクトに申し込みたいのですが…」
と、伝えてください。

電話受付時間

月~土
10:00~19:00
10:00~17:00

宅配業者がご指定の時間に引き取りにうかがいます。

  • ※ヤマト運輸の集荷を手配します。
  • ※古本は5 冊から、着払いで受け付けます。
3

株式会社バリューブックスにて、買い取られます。
買い取り金額は、参考書宅救便に寄付されます。

4

参考書宅救便にて、東日本大震災で被災してしまった中高生に
新品の学習教材を支援する活動に活用させていただきます。

古本の集荷・仕分け・買い取りは株式会社バリューブックスが行います。
取り扱い古本の内容などは、こちらにお問い合わせください。

株式会社バリューブックス古物商免許:長野県公安委員会第481100800018号
〒386-0041長野県上田市秋和537 TEL:0120-826-295 E-mail:info@value-books.jp http://www.valuebooks.jp/